伊達秀憲監督退任のお知らせ

ピックアップ

2022/03/02 配信

今年度末をもって、伊達秀憲監督が退任することとなりましたので、お知らせ致します。
伊達監督には創設から4年。
生徒募集を中心に、チームの基盤をつくって頂きました。
学園としても慰留しましたが、本人の意向やご家族の事情から、今年度末をもって退任することとなりました。
しかし、伊達監督と学園で協議し、今後は「スカウティングディレクター(通称:SD)」として、生徒募集のサポートや在校生の進路 サポートは継続しておこなって頂くことになります。
尚、新体制につきましては、3月18日(金)にご報告させて頂きます。

◎伊達監督コメント◎
創設から4年。
私にこの仕事を任せて頂いた、ヴェルスパ大分清原裕輔社長、学校法人稲葉学園平野孝光前理事長をはじめとする関係者の 皆様には感謝の気持ちしかありません。
次年度校名が変更されるこのタイミングで、後継者にバトンを渡し、異なった形でチームをサポートしていきたいと思います。
この4年間の心残りは、日々の活動に前向きにトライする選手に、大きな大会で「結果」を出してあげられなかったことです。
これは私の力不足以外にはありません。
本当に申し訳ありませんでした。
しかし、私が叶えてあげられなかった夢の続きは、新監督をはじめとする優秀なコーチングスタッフが叶えてくれるでしょう。
これまで積み上げてきたベースに、新たなエッセンスが加わり、チームとして更に成熟することを期待しています。
最後に、これまで多くのサポートをして下さった、学校関係者の方々をはじめとする、保護者の皆様、後援会の方々、中学校・クラ ブチーム関係者、そして女子サッカー部に入部してくれた選手に心より感謝申し上げます。
4年間ありがとうございました。